スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『それでもぼくはやってない』
先週見たのですが、
思ったよりインパクトがあったわけでもなく、
なんとなく感想を書きそびれていました。
ということは、面白くなかったのかと言うと、
そういうわけでもありませんが、
まあまあ、ということです。

周防監督のおっしゃりたいことは、よーくわかりました。
私が男なら、あの映画を見たら、満員電車に怖くて乗れないですね。
遅刻してでも1本電車を遅らせて、痴漢に間違われない位置を確保しますね。
こういう感想は、監督の思惑通りでしょう。


ところで、
最近、富山でも冤罪事件が報道され、たいへんタイムリーでしたが、
冤罪だけはなくなるようにはならないんでしょうかね。
せつなすぎますね。

3年後から、でしたっけ、
裁判員制度が始まるの、って。
裁判員制度になったからといって、
あの状況が劇的に変わるとは思えませんけど。
しかし、
事実は当人しかわからない場合、心情で刑を判断するしかないんですかねぇ。


エンドロールに映っていた建物が、
最高裁判所だということに気づいた人はどのくらいの割合なのでしょうか。
ダンナに
「あの建物、最高裁だってわかった?」と聞いたら、案の定、
「なんか裁判所だとは思った。」とのこと。

司法関係のお仕事をしている人、裁判マニア、付近に通勤している人、
それと、建築マニア、くらいでしょうか、すぐにピンとくるのは。
ええ、あの建物は、
岡田新一さんの独立最初の作品にして、もっとも有名な
すんごい建物です。
と言っても現物を見に行ったことはありませんが。


そんなことが一番印象に残っちゃったので、
なんだか書くことがなくって。
でも、
加瀬亮くんはとてもよかったです。
これからとても期待できる楽しみにしている俳優さんです。
それと、鈴木蘭々ちゃんが大人になって帰ってきてて、美しかったよ。
瀬戸朝香の弁護士はもう飽きた。
たしか前blogで書いた、気になる俳優さん、田中哲司さんもよかーったです。
と、先日書いた
スーパーバイプレーヤーの光石研さんがまたしても重要な役で出ていらしたわ。


ええ、そんなことより、
今日からNHKではじまった『ハゲタカ』に夢中です。
南朋さん、好きです


告白しちゃった。。
スポンサーサイト


  
コメント

私もみたい映画だけど、なかなか行く暇がない・・。
テレビで放送されるのを待ちます。

でも、映画はみていないけれどレビューを読む限りでは、
周防監督はかなりの覚悟を決めて映画を作ったんだな・・って思いました。

今の時代でもかなりの勇気がいったんじゃないかと。

日本の有罪率が99%を超えるのは、
起訴にもっていくまでの過程で慎重とも言えるけど、
一旦起訴してしまうと「検察のプライド」だけの為に
何が何でも有罪にしなければいけない、
そんな怖い部分も沢山秘めてるんだよね・・。
---------- 未来. URL│02/20. 21:56 [ 編集 ] -----
■未来さん
まあ、TVでもいいかも。
それより、「やっぱりバブルへGO!」に変更しようかと
チケット買ってからちょっと悩んだ。
ものすごく見たくなってきてさぁ。
体験したかったなぁ、バブル・・・・
---------- はる. URL│02/22. 13:30 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://mangiare.blog89.fc2.com/tb.php/40-8c56d8ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。