スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


聖書は渡鬼!?!?
マリアのウィンク―聖書の名シーン集 マリアのウィンク―聖書の名シーン集
視覚デザイン研究所・編集室 (1995/03)
視覚デザイン研究所

この商品の詳細を見る


"ヨハネパウロ2世のためにブッダに祈った"Mちょんからお借りした本なのですが、
聖書の名シーンをイラストと絵画で極わかりやすく書いてる本です。

いまだかつて、キリスト教に関する本を読んだことがなく、
せっかくヨーロッパで美術館めぐりをしても、
『受胎告知』くらいの知識しかなかったもったいない旅人だったワタクシですが、
こういったおもしろくてわかりやすい聖書本ならすらすら読めちゃいます。


ところで、はじめて聖書の内容に触れてみて、思ったことは、
聖書って渡鬼か!!!!!ってことなんだけどもー、というのは、
イエスが生まれるまでの数代に渡るファミリーの間に
考えられないような事件が起こってはひと騒動、またひと騒動、、、
ビックリするくらいの不幸が訪れたり、
人間関係のしがらみ、嫉妬、
がリアルに、いや、強調して大げさに描かれていたり、
「まるで渡鬼じゃん!!」なんて思ってしまったのですよ。。。
キリスト教信者の方、また聖書に精通している方には、
「あっはっはっ、なにいってんの!?」と怒られるかもしれませんが、
なにせ、初めて聖書のもろもろの物語に触れた率直な感想として
そのように思ったものですから。。。

超無宗教な極一般的日本人として育ったのではありますが、
やはり子供の頃から「仏説阿弥陀経」なんかを月一で聞いてきただけあって、
また、神社仏閣好きなこともあり若いころから温泉とともに巡り、
仏教に関する本は数冊ではありますが読んでいたこともあり、
どちらかというと仏教徒的指向が強いことは自覚してはおりました。
なので、キリスト教の物語に関してはちんぷんかんぷん、いまのところぜんぜん理解できない。

いま思い出したんだけど、
幼稚園はキリスト教系に行っていたので、
朝の礼拝とか、食事の前に
「天にましますわれらの父よ、願わくは・・・云々かんぬん」
なんて言ってはいたのですが、
子供心に、いつもは仏壇におまいりしているのに、どうしてアーメン???
なんて、なんか釈然としない気持ちがあったことはうっすら覚えています。。。。


ともあれ、
この簡単な本でさえ、もう一度読み返しても最初の方のストーリーはぜんぜん覚えていない。
年齢と記憶力の関係もあると思うんだけど、
それよりも、
全くなじみのない物語にアタマとココロがついていかない所以、
ではないかと思っているのです。いやそうに違いない。。

こんどウフィッツィやバチカン、ナショナルギャラリーに行くまでには
もうちょっといろいろ読んでお勉強してみようかと思っている
若干参拾○歳はるちゃんなのでございました。
スポンサーサイト


05/21. 09:45 [ 雑記 ] CM4. TB0 . TOP ▲
  
コメント
私は逆に
渡鬼を見てないから、「ワタ鬼ってそんなすごい話なのか…。」と思ったよ。
新約はともかく、旧約聖書の方は確かに凄い話が多いよね。

ワタ鬼が聖書ほど世界に広まらないのは、壮大さと神々しさが欠けてるせいでしょうかねぇ…。
---------- M子. URL│05/21. 22:45 [ 編集 ] -----
■M子さま
そう、ワタオニはすごいんです。
ありえない事件が毎週起こるのです。
そして結婚離婚、もめごとの繰り返し。
”奇跡”は残念ながら起こらないので、壮大さや神々しさはカケラもありません。
だから身近に感じて視聴率がよいのでしょうね。

オイオイ、ワタオニノセツメイシテドウスンダ---!!
---------- はる. URL│05/22. 08:57 [ 編集 ] -----
同じく。
えなり君は生で見たことはあっても(兄弟の収録で)、
ワタオニを見たことが無いのでM子さま同様
「ワタオニって凄い!」と思ってしまいました。

でも、ドロドロさは旧約の方が勝ると思うので、
是非一度読んでみて下さい。
(一条ゆかりに旧約の漫画化をして欲しいな~と思う・・)

ところでURL変更ありがとうございました。
変わったはいいけど、使いにくいので1年以内に進化しなければ、
また引っ越すかも・・。
---------- 未来. URL│05/22. 22:22 [ 編集 ] -----
■未来さま
そうね、ワタオニは血生ぐさくはないからね。
「ある意味おもしろい」ドラマの代表だと思います。
毎週楽しみにして見る気にはなれないけど。

時々引っ越さないとやってる方が飽きちゃうよね、blogって。
---------- はる. URL│05/24. 09:29 [ 編集 ] -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://mangiare.blog89.fc2.com/tb.php/107-ab47270a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。