スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々のおいしい話題
少し前になりますが、
ずっと行ってみたかった高岡は西田(さいだ)の石窯焼パン屋さん『BREAD』に行って来ました。
以前にダンナがお仕事中に通りがかって買って来てくれて、
「えーっ、知ってたのー?」と言うと、もちろん知らない、とのこと。
今度連れて行ってくれと言ってから、半年くらいは経つだろうか。。

行ってみると意外と遠くなく、国道160号線からは、ほんの少し(?)入ったところでした。
そして、思っていたほど石窯焼の気合入っている風ではなく、
どちらかというと日本人好みのデニッシュ系がとてもおいしい、
フランス系に近い?ふわっとしたパンがたくさんありました。


外観
BREAD-外観


イートインもできます。
なかなか心地よい空間。置いてる本が楽しい。
BREAD-eatin


3個も食べてお腹いっぱい。
クロワッサンが本当においしかったです





ついでにもひとつおいしい話題。
先日blog友のサイトで見てからどうにも食べたかった一皿、ようやく作りました。
マンジャーレ!イタリア ブロッコリーのパスタ
utakoさんのみたいにいろんな種類のパスタもケッパーも入っていませんが、
ブフォラのモツァレラの塩味が爽やかでとてもおいしかったです。

写真はごっついグリーンなランチですね・・・・
   レタス・セロリ・カイワレのサラダ、大根とアオサのスープ
ブロッコリーのペンネ



モツァレラは残り1パック。
今度こそピッツァ作るぞ!!というか、Mっちょん作りにきてぇ~・・・・


スポンサーサイト
ガラス工房⇒ildesco⇒大和
上越より、Sなっちが遊びに来ましたぁ

まずは、今回のメインイベント、
「富山ガラス工房」での吹きガラス体験!!
今年の母の日に初体験のガラス作りを記事にしたところ、
 http://mangiare.blog89.fc2.com/blog-entry-104.html
Sなっち大きく賛同!というか私が誘惑!!
妊娠で体調がすぐれなかったこともあり、ようやく一緒に体験できました。

さーて、何を作っているのでしょう?
ガラス工房1

ふくらむふくらむ
ガラス工房2

取っ手をつけて、ビアマグ?ジョッキ?のできあがり!
ガラス工房3

といってもまだまだ熱々なので、完成は1週間後です。
たのしみたのしみ


さて、その後、
Sなっちは作家さんのペーパーウエイトを購入し、予約のランチへ。
再びの『il desco』です。
今日はさらに豪勢に、シェフのオススメコース 2,400円です。

前菜前の一皿 お豆のトマト煮
ごっつうまい。この量が絶妙。
ildescoオススメコース-前菜の前菜


アンティパスト キッシュとホタテとサーモンのタルタル
2種盛がうれしいですね。タルタルがトローリおいしい。
ildescoオススメコース-前菜


プリモピアット エビとウニのパスタ
他の方のblogで写真を見て、これ食べたいなー!と思っていた一皿。
期待通り、ウニ、おいしいです。あさつき?効いてる!
ildescoオススメコース-プリモ


セコンドピアット 子牛のグリル
お肉はすこしクセがありますね。
でも、上にのってるお野菜もおいしくぺロッといけました。
ildescoオススメコース-セコンド


ドルチェ モンテビアンコとティラミス
これまたぺロッといけてしまいました。
これに、もちろんカフェもついております。
カフェイン恐怖症が続いているワタシはグレープフルーツジュースで。
ildescoオススメコース-ドルチェ

メインまで食べられるかなー、、、
と心配しておりましたが、アッという間にペロッといけてしまいました。
終わってみたらたいへん満足!ということで。

その満足のまま、今回のお土産は富山のおいしいかまぼこ
というコンセプトでしたので、大量に購入。
そして大和へ。

ようやく行列も少なくなった『モチクリーム』、やっと購入。
列をつくほどでもないけど、まあ概しておいしいです。
お遣い物でいただくとうれしいかな!という感想。
皆さんお待ちしております。
モチクリーム


その後、
目的のストール(マフラー)を購入し、18:00ちょうどのドンコウ列車で、
家路につきましたSなっちでございました。

そこで、本日いただいたお土産リスト。
元祖 浪花屋の柿の種
この缶がうれしいのだ!
Sな土産シリーズ-浪速屋の柿の種

上越の地酒
4合瓶を2本。これと、かんずりはリクエストして買って来てもらいました。
Sな土産シリーズ-地酒

ハーブいろいろ
自作、ローリエとローズマリー(乾燥)とパクチーの種。
それと、Sな作ミルフィオリのペンダントヘッド。いつもサンキュ!
Sな土産シリーズ-ハーブいろいろ


久しぶりに朝から一日遊んだ、もりだくさんな日でございました。


神通川花火大会
超ひさびさで、富山の花火を見に行きました。
といっても、川原に行ったのではなく、
とってもVIPな場所にある友人マンションのペントハウスから。
ちょっとオーバーかしら・・・
とにかく9階建ての9階から、クーラーの効いた室内での花火見学という
たいへん贅沢なひと時でございました。

花火-後姿

う~ん、たまらなくかわいいですねぇ~~~
一番のチビッコは、花火よりも脚立に興味津々・・・


そして、我々夫婦は、
今年新調したダンナの浴衣をおろしたい!
それと、
今年早々に買った私のリサイクル着物を着てみたい!
というわけでおそろいで着ましたわ。
私のほうは裄が短く、袖口から襦袢が見えてしまいました。。。。
ダンナはお腹のあたりの貫禄がタップリなので、けっこう似合うのです。。
花火-着物


結局、ゆっくり花火を見るというか、
おいしいお寿司とフルーツをいただきながら、
かわいいチビッコたちの後姿を眺めておしゃべりをする。
ときどき花火も見る。
みたいな会でした。
いやいや、未来ちゃんと家族の皆様、たいへんありがとうございました。



オマケ

この日、お中元を持ってきた実家母とともにウチにやってきた
姪っ子REALハルカ、ですが、
私が花火に出かけるお化粧をしていると、
横からビューラーを取り出し「どう、まつげクルッとなった?」と遊んでいる。
一重なのでやりにくそうだが、少し慣れてきたのかわりとカールしてきた。
ついでにマスカラもつけてみた。
もひとつついでに、キラキラ系のパウダーも少し。

ハルカ-マスカラ

その後、
「おかーさんに怒られる!」と、即洗顔。
彼女は小学3年生。

『ことの葉』
大和屋 富山店 の敷地内に新築していたお店
『ことの葉』が4月末にオープンしましたね。
"お金を出してコーヒーが飲めるところ"と聞いていたのですが、
先週おそば屋さんのあとにお茶を飲みに、と思ったら、
メニューは「コーヒー会席 1500円」のみ
ということで、やめておとなり大和屋で無料のコーヒーをいただいたのですが、
はい、先週日曜に行ってきたんですよ。
えぇ、ダンナが結婚式出席披露宴は午後3時からというわけで、
お昼は何かかるーく食べたい、ということでちょうどよさげなので。


前置き長いなぁ・・・・・では


先付 のようなもの、3種盛
●下仁田コンニャクとからし●シソの豆むすび●豆腐ようと季節の野菜

ものすっごいちっちゃいんですが、ものすっごいおいしかった。
特にコンニャク。豆腐ようも沖縄の赤麹ではなく、極めて食べやすかった。
こーひー会席1


和sweetsとこーひー①
ほうじ茶のプリン、すげーオイシー!!と語気をあらげるほどうまかった。
こーひー会席2a


和sweetsとこーひー②
抹茶のチーズケーキ。珈琲、おいしかったよ。この日は、エチオピア?だったかな。。
こーひー会席2b


さいごは、すっきり梅ジュース、というか意外と甘い梅水。
こーひー会席3



ゆっくりと出てくるので、意外とお腹も満足できて、ふしぎと夜までお腹は空きませんでした。
うん、満足

贅沢を言えば、
まず先付の前にちょこっとでいいからおいしいお水で口を潤したい。
で、せっかく「こーひー会席」だから、もう1杯くらいコーヒー飲みたい。
ってかんじかな。



ところで、内装とインテリア、雰囲気はとてーも素敵でした。さすが!
コーヒーの道具は、茶道具のような、、、炉釜とか竹のすのこのとか
茶室、水屋のイメージなのですかね。
ポットやドリッパーは銅製(値段たかーいのね!?)、コレっておいしく入るのかなぁ。
鉄の釜で沸かして銅のポットとドリッパーで淹れると硬水になるのかしら???
後ろの壁の赤錆鉄板の施工はたいへんきれいでした。やるなぁS栄産業も。
漆喰はボード下地だったのかなぁ、、継ぎ目がやや目立った。
ことの葉-茶道具


ですが、
ダンナが一番興味を示したのはコレ。水出し珈琲器。
ほしいんだってー、アホやぁ、、、、珈琲だすのに2日くらいかかるのかなあ。。。。
水出しこーひーろうと




母の日~ガラス工房製作体験~
一昨日は『母の日』でしたが、皆さんプレゼント、されましたか?
毎年どうしたもんかと悩みますが、
今年はたまたまFREE-PAPER「富山情報」で見た、富山ガラス工房の"母の日セット"
「コレダァーーッ!!」とおもいましたよ。
通常の体験製作は2,500円、だったかな?
"母の日セット"は3,000円で、吹きガラス製作+ジラフのタルト2個がついている!
自分たちも楽しめて、ケーキまでついてくる、コリャイーネッ
ってことで、予約して先月末に製作してまいりました。



詳しい工程はもう忘れてしまいましたが、かいつまんで写真説明。
多少の前後及び語句の間違いはあるかもしれませんが、、、参考までに。


まず、
製作前にスケッチします。
前に作った方々の作品も並んでいるので、色柄形大きさをイメージしつつ。。
色ガラスを選びます。半透明不透明、20色くらいはあったと思う、結構選べる。


では、
後ろに見えるおっきな炉から、珪酸を主としたガラスの材料を、
拭き棹にクルクルッと巻きつけてくる。
で、手前の炉で棹を回しながら形を整える。
写真右に成型用の小さな炉があるのだけれど、写ってない・・・
ガラス工房-製作過程1

このあと形を整えたりしたかな・・・・??

つけたい色ガラスの材料を棹先のトウメイガラスの塊にくっつけているところ。
鉄板の上に材料をのせ、棹先をくるくる回しながらつけていく。
ガラス工房-製作過程2


作品①は、らせん状の柄にしたいため、先っちょをつまんで、ひねっていく。
ガラス工房-製作過程3


すこーしだけ中に空気をいれ、空間を作る。
けっこう力が要るんだ。ほっぺたと鼻のふくらみを見ていただければわかるかと。。。
ガラス工房-製作過程4


濡らした新聞紙を下側に当てて、改めて形を整える。
と、この工程が何度かあったんだけど、どの順番だったかよく覚えていません。。。
ガラス工房-製作過程5


エアスプレーで風を当てて一旦さます。
ガラス工房-製作過程6


次は真剣に膨らます。
ほら、ちょっと膨らんできた。
ガラス工房-製作過程7


さらに膨らんできた。好みの大きさまで。
ガラス工房-製作過程8


底になる方に棹を付け替えて、吹き棹は一旦「カツッ」とはずす。
大き目のピンセットをカットしたガラスの口に当て、整えながら広げていく。
ガラス工房-製作過程9


はずす準備。こればプロの方の手で。
ガラス工房-製作過程10


砂の中に入れてゆっくり冷ます。

と、ここまで約15分くらい。思ったよりアッという間でした。
ちょうど『鉄腕DASH』でガラス作りをやっていたのを見たばかりだったので、
流れはなんとなく把握していたので、スムーズに出来ました。
このくらいの小さなものは、プロならばひとりで作るそうで、
それを3人がかりで作る(1人作るに2人がついてくれる)と言うことは、
まあほとんどは作ってもらっているに近いんだけど、
しかし、自分で作っている感はタップリ体感できる。
なかなか楽しい体験でした。
そーんなに値段高くないし、また行ってみたいですねー、
ねーSなっち!!次回富山に来るときにはぜひ




では、結果でございます。
作品① ダンナ作 ガラス小鉢
作品1-1

作品1-2


製作意図
紫っぽいブルーのらせん状の柄入り、の小鉢。小皿。

色目が薄くてよーく見ると柄は見えるが、全体に色が広がった。
まあまあです。



作品② ワタクシ作 花器
作品②


製作意図
紫と不透明白のマーブルと底の方は茶系のグラデーション
の花器。
やや偏平でお腹をぽこっと凹ませた感じ。

マーブルはゆるーいけど、ほぼ意図したとおりに。満足

アナホリ-オリジナルポット
富山、ポートラムですっかり観光スポットとなった岩瀬の
ティーハウス?『アナザーホリデー』にひさびさに行ってきたんです。
話題は後先になりましたが。。
 ※REALはるかとの八朔タルトのおはなし・・・


約1年ぶりのアナホリでしたが、
ポットとカップがオリジナルロゴ(マーク?)になっていました。
かわいいあやしくて。。。
アナホリ-オリジナルマーク


しかし、ポットウォーマーは以前と変わらず、ムジカのものと同じゾーサン。
アナホリ-ポット全景

奥に写っているのが八朔のタルト。
手前のはいちごのシフォンケーキ。相変わらず美味しい。

因みに前回のアフタヌーンティーのときのお話はコチラ


同じファーストフラッシュでも
ここまで淹れ方で味が違うんだなー と改めて感じました。
比較対象は、富山市石金「Rosewood」
コチラはいかにもお上品なイングリッシュティーっちゅうかんじで。
お上品な気持ちにさせていただけて、すこぶる心地よいです。
しかしアナホリも、すこぶるまったりできて、すきです。
個人的な味の好みはアナホリ、ですかね。
でもやっぱりときにはお上品なのも心地よい。


嗚呼、御贅沢・・・・・・

rotring
先日Sなっちが遊びに来たときに、
SMART-GUIDEで久々にシャープペンシルを買った。350円くらい。

rotring


色違いのおそろ。彼女は、何色だったっけ???

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。