スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


母の日
禁断のチーズケーキ

写真は、生チーズケーキ、生キャラメルチーズケーキ、ロールケーキです。
実家にて。
ほかは姑ヨッシーにプレゼント。といっても私がほとんど食べた!?


母の日に際して、
とうとう買ってしまいました「禁断の生チーズケーキ」
母の日に乗じて自分が食べたかったのを注文したまでなんですけどね。

母の日セットは、
●生チーズケーキ
●生キャラメルチーズケーキ
●生チョコケーキ
●生ロールケーキ  各1本
●パイシュー   3個
●チョコババロア 1個
●イチゴプリン   1個
○布製カーネーション1輪

これだけ入って4,980円(送料無料)。カーネーション分がちょっと高いかな。
チーズケーキもロールケーキもがんばれば全部一人で食べられるくらい
量は少なめです。が、
めっちゃ美味しかったよ。さすが楽天スイーツ部門でいちばん売れている商品!!
特にチーズケーキ。キャラメルはさらに。REALはるかにも大好評


私がいちばん満足した、スイーツ三昧の今年の母の日でした。




ところで、
ホワイトデーにダンナが何にもくれない! と書いていましたが、
お誕生日兼出産ゴクロウサマのピアスをプレゼントしてくれました。
どうもありがとう!
これもひとえに、私の教育の賜物・・・・いえいえ、感謝しています。

スポンサーサイト
モンブラン・アイス
今月になって、コチラのblogをまだ1回しか更新していないことに、
一昨日あたりに気付いたのですが、
寒くなってきてあまり出掛けないし、ネタもないし、
本来のsub-blogである「高齢出産日記」を毎日書いていることもあり、
こんな感じになっています。
で、たまには更新しなくちゃ、と。いちおう本blogだし。
たいしたネタではないけれどね。



えぇそぅ、ちょうおいしかったんですもの
ハ-ゲンダッツ・ドルチェ・モンブラン

ハーゲンダッツの新作ドルチェカップ モンブラン です!
http://www.haagen-dazs.co.jp/product/lineup/index.html?0805600
中にはスポンジも入っていて、
どうしてこの温度でこの柔らかいスポンジが、、、
マロンクリームもおいしいし。。。
と、ハーゲンダッツの開発力にはいつも脱帽です。
定期的にミニカップの新作も発売されるし、素晴らしい会社ですね。
ぜひ皆さんもご賞味あれ!


もひとつ最近のプチヒットは
http://www.meinyu.jp/product/icecream/vanhouten/
バンホーテン・ココアバー

バンホーテン アイスクリーム ココアバー
いつもは「純チョコ」のバーを買っていたのですが、
アイス半額の日に新作を見つけたので買ってみました。
バンホーテンだけあって、リッチなココアの味がやさしく作られたアイスでした。
プチヒットだ。


甘いものにとり憑かれている昨今ですが、
アイス食べたい欲がひさびさに戻ってきまして、いろいろ購入してしまいました。
普段は、だんぜんダンナの方がチョコやアイスを食べます。
冷蔵庫に常備してあるアイスの7割はダンナが食べてしまいます。

アンコかクリームものを一日1個は食べないと、死んでしまうくらいの勢いですが、
ややおさまりつつあります。やや、ね。
きょうも、ミスドのリッチドーナツ、買いに行こうかなぁ・・・・・・・・なんてな。

今年のクリスマスはケーキ作ろうかなぁ、、とも計画中!

生ハム対決(スペインVSイタリア)
イタリア展で買ってきたグアンチャーレと
メッツゲライのハモンイベリコベジョータを
食べ較べてみました。
といっても、メッツゲライさんのは国内で(たぶん富山で)作っているものだけれど。


グアンチャーレ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

グアンチャーレ (guanciale) とは豚の頬肉、いわゆるトントロを塩漬けしたもの。表面にスパイスやハーブを刷り込んであるものが多い。guanciale はイタリア語で枕の意味もある。
豚のばら肉を使うパンチェッタよりも脂身が多く、ローマ料理として有名なカルボナーラは、日本でよく用いられている燻製されたベーコンではなく、本来このグアンチャーレを用いて作られる。



というわけで、
試食時には「これ煮込み料理に使うといい味が出そう!」
と思って買いましたが、パンツェッタと違い生食もできる。
というので、生でよく食べました。
あとは、ポモドーロのパスタとカルボナーラのペンネに1回づつ使用。
735円/100gを200g弱、終了。
並んでいるその他のメニューは、ごく和食でしたね。

グアンチャーレ1

プレミアムモルツ黒と一緒に。上品な味でおいしい。
プレミアムモルツ黒



ハモン・イベリコ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハモン・イベリコ (スペイン語:Jamón Ibérico)はスペインのみで作られる黒豚の生ハムである。
イベリコ豚の生肉を塩漬けにした後、余分な塩分を洗い流し、気温の低い乾いた場所に約2年から4年程吊るして乾燥、熟成させる。 主にイベリア半島西部に広がるデエサ (西:Dehesa) と呼ばれる樫またはコルクの林で放牧されるイベリコ豚はどんぐりの実などを食べて育つ。 どんぐりを主体に育った豚の中で認可を得たものだけが「ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ(Jamón ibérico de bellota。bellota=どんぐり)」と名づけられ、味、品質ともにより優れているとされる。イベリコ豚のうち、ドングリ豚にしかベジョータ (Bellota)の表示がつけられない。「イベリコ豚=ドングリ豚」ではないため、虚偽表示に注意する必要がある。



というわけで、
ハモンイベリコベジョータは私の憧れの2大生ハムのうちのひとつです。
もうひとつはイタリアのクラテッロ。
3500円/100gを約30g。先日遊びに来たSなっちが買ってくれました。
せっかくのこの高級生ハムをいただくために、寿屋でCAVAを購入。
しかし、3種類ほどしか置いていなく、迷うほどではなかった。
そして、ソムリエさんも一組の客に一生懸命で、私に話しかけすらしてくれなかった。
面倒なので、自分で選びました。迷うほどの種類もないし。
一緒に買ったグリーンオリーブはぜんぜんおいしくなかった。
CAVAはおいしかったですよ。1260円。カヴァにしては高い。

イベリコベジョータ1

この量ですから、もちろん1回で終了。
イベリコベジョータ2


なんていうか、コストパフォーマンスで言うと、
グアンチャーレの圧倒的勝利でしょう。多様性からいっても。
ハモンイベリコはきっと、食べる適温がムズカシイのでは・・・・
冷蔵庫から出してすこし時間がたっていたので、油が溶け出していました。
もう少しパリッとした状態で、口に入れて溶け出す感じがよかったのかな、
と想像してみたり。
やっぱり、目黒のスペイン料理屋で食べたハモンセラーノや、
スペインで食べたものの方がグーっと美味しかった。

グアンチャーレの方は脂が本当に美味しかったです。
カルボナーラにはパンチェッタのほうが、私には好みかも。
次回はぜひ贅沢に煮込みに使ってみたいものです。




さて、番外、の美味しいもの。
今月号(だと思う)の「家庭画報」にでていたフルーツティーをまねてみました。
紅茶の葉と、りんご、巨峰、を入れたお茶。
りんごの香りがふわぁ~っとしてきまして、
残り香にブドウの甘味と酸味がほのかぁ~にしてきて至極優雅な感覚を味わえます。
簡単なのでやってみてください。
すこし煮だすとより香りが出るかも。香りが飛ばない程度に。
あ、ちょうど巨峰をもらったので贅沢に使いました。自分で買ったら食べちゃうな。
フルーツティー・・・アポ-、キョホー



『il desco(イル・デスコ)』
ひさびさに、めっちゃ満足なお店に出会いました
堀川小泉の『il desco(イル・デスコ)』イタリアンです。
たぶんツワリ前だったと思うけど、
一度ランチに行ったら満席では入れなかったのです。
MっちょんとYりのハネムーンお見送りのあと、
13時前くらいだったけど運良く座れました。

いただいたのは、プリモコース。
前菜とその前の一皿、プリモのパスタ、ドルチェにカフェがそれぞれ選べて
なんと1575円!!
お得すぎないか!?
でもこれ以上の値段だと、ちょっとお昼ごはん、には行きにくくなっちゃうもんね。
とにかく、リストランテの味でこれだけの皿は大満足でした。

店内はこんな雰囲気 いいかんじです
ildesco-店内1

                 ildesco-店内2


前菜前の一皿 トリッパの煮込み
レンコンがこれまた合いますねー。
久しぶりにおいしいトリッパが食べられてとてもうれしかった!
ildesco-トリッパ


アンティパストa サーモンのタルタルサラダ
トロッとまろやかでおいしかったです。
ildesco-アンティパスト・サーモンのタルタル


アンティパストb カモのサラダ
バルサミコが効いておいしかった。
ildesco-アンティパスト・カモ


パンはオリーブオイルがかかってた。文句ない味です。
ildesco-パン


プリモピアットa カラスミのアーリオオーリオ 
カラスミパスタ、初めて食べました。絶妙の塩加減でした。
ildesco-プリモ・カラスミ


プリモピアットb ワタリガニとアサリのトマトソース
カニのダシがよく出ていてウマイッす。
ildesco-プリモ・カニアサリ


ドルチェ モンテビアンコ(モンブラン)
ildesco-ドルチェ・モンブラン


ドルチェ ヤキリンゴ
ナイフをつけてほしかったなぁ。
ildesco-ドルチェ・ヤキリンゴ


エスプレッソダブルとブラッドオレンジジュース(+200円)
ildesco-カフェ・シュプレムータ


この内容でこの値段だから、超満足です。
ぜひぜひまた行きたい。
味はリストランテの洗練された味です。
たまに、トラットリアの家庭的な感じも食べたくなってきた今日この頃ですなぁ。



帰りに大和のイタリア展に寄って
グアンチャーレとブラッドオレンジを買って帰りましたが、
ちょうど、
「デューク更家のウォーキングレッスン」ってのをやっていて、
もちろんやりませんけど、
デュークさんはかっこよかったです!

デューク



お好み焼き『Georgina』
高岡城東のGeorgina(ジョルジーナ)、
ずいぶんと前から気になっていたのに、なぜか行く機会がなかったのですが、
結婚式直前のYりちゃんと、ひさびさのデートで行ってきました。
っつーか、お昼食べに行っただけだけど。


メニューにそばめしを見つけ、懐かしさのあまりオーダー。
「チャーシューそばめし」
ジョルジーナ-そばめし


「豚肉納豆のねぎ焼」
ジョルジーナ-ねぎ焼



そばめしは西宮時代によく行ったお好み屋で見つけ、
ナンダコレハハーッ!! と驚き、それからやみつきになり、
自分で週2くらいのペースで作っていたくらいはまったものです。
いまや冷食などですっかり定番になったそばめし。
私が作ると醤油味を強くするのですが、
こちらのお店は通常のソース味。はい、おいしかったです。

ねぎ焼は、関西では必ず牛すじ、と決まっている、
というくらい関西人は牛すじが好きでこだわりがあるようなのですが、
私自身は牛すじのお好みをあまりおいしいと思ったことはない。
前にも来たことがあるというYりの情報によると、
ふんわりしてておいしい、ということだったので、(どれがかは忘れたらしい)
ふんわりしていそうな、納豆入りを注文。
このねぎが、何ねぎだったのだろうか、
クセがなく、納豆ととても合い、めっちゃおいしかった。


とにかく、おいしかったです。
いろんなレビューを見ると、値段はちょっと高め、とか、
期待してたより、、、的なコメントもありましたが、
そーですね、よく考えると値段は高めですかね。上写真のいづれも1,000円超。
味は文句なくおいしかったですけど、
改めて考えると、確かに味にインパクトはさほどないかな。
でも、富山のお店で食べるお好みの中ではかなりのレベル、だと思います。

なにより、ステンレスのフードカバーがピッかピカで、
お店とお好みを愛する店主の心意気が感じられたのは、とても好印象です。
また行きたいお店です。
今度はダンナのおごりで。。


cafe『che hoa』&雑貨『hi-s』
この暑い3連休は特に遠出のお出掛けもございませんでしたが、
昨日は、旧8沿いに新しくできたcafe『che hoa』&雑貨『hi-s』へ。

ランチは(性格な名前は忘れましたが)、
a.シェフのオススメランチ
b.ヌードルランチ
c.カレーランチ
他にもあったかなぁ?
ドリンクはお茶が割りと豊富で、
・スイーツセット なんかもあった。
基本ベトナム、タイあたりのお料理です。
かなり味付けは濃く、どちらかというとタイに近いのでは、と思いました。


a.のランチ。980円。
まず、スープがでてくる。ドリンクも一緒に頼んだので。ライチジュース。
トムヤムスープはめっちゃしょっぱかった。
chehoa-ランチa2

前菜4種盛り
chehoa-ランチa1

いづれもたいへんおいしかったです。
これに、サツマイモご飯があったんですけど、写真撮り忘れました。
これもおいしかったですよ。
サーブされたときの説明が声が小さくてよくわからず、
もう一皿出てくんの???と思わせるカトラリーの説明。
メニューをよく見ていなかった私も悪いんだけど、
980円でこれだけ!?と思わせる内容でした。
いや食事自体がというのでなく、サービスがそう思わせた。

c.のランチ。880円。
前菜2種盛が先に出てくる。
その後、グリーンカレー。これまたごっついしょっぱい。
ココナッツがきいてて鶏肉も柔らかいしオイシイはおいしいんだけど、
やっぱしょっぱいよ。
chehoa-ランチb1

食後のお茶(ベトナム緑茶)はたいへんおいしく満足。
しかし、緑茶にこの色の器は、、どうかなぁ。。という日本人の感覚。
chehoa-ランチb2


えぇ、とにかく、
コースなのかセットなのかはっきりしてーっ!
ちゅうかんじです。
前菜を食べ終わる前にカレーを持ってきて、テーブルにお皿めいっぱい。
コースならしっかり食事の進行具合を見守る必要がある。
でもね、ランチでこの値段では無理だから、
いっぺんに出して、テーブルに全部のるお皿にしたほうが私はいいともうなぁ。
そうなると、ランチョンマットの意味がなくなっちゃう。
もう少しテーブルセッティングを見直すべき、だと思いましたがいかがでしょうか。


現在はランチからティータイムのみで、来月からはディナーもやるらしい。
オープンしたてで、サービスの質は最悪だけれど、味と雰囲気はまあまあ。
全体的なアンバランスがやや気になり、今後がちょっと心配です。
ですが、これから期待はできる、かな!?サービススタッフの教育しだいでしょう。
雑貨に関しては、なんともコメントしづらいのですが、
各種セミナーなんかを催しているようで、
そういった集いの場を提供してくれるという意味では期待できそう!


いや、文句ばっか言ってるやな客だけど、
愛あるダメだしということでご容赦願います。


めーん
麺特集

大和の売り尽くしセールに行ったついでに、
ひさびさに『西町大喜』のラーメンを食べて帰りました。
相変わらずくどい。
けどおいしい。
不思議。

ラーメン-『西町大喜』

たしか2月に、Sなっちが遊びに来たときに駅前大喜に行ったのだけれど、
http://mangiare.blog89.fc2.com/blog-entry-12.html#
やっぱ西町のほうがおいしい気がする。
出汁の黒さも多少西町の方が薄い感じがする。
これは気のせいではないと思うなぁ。


さて、7月より、2回ほど"満席""定休日"で振られていた、
高岡古定塚の『蔵』というお蕎麦屋さんへ行ってきました。

もりそば大盛-『蔵』

豚そば-『蔵』


ダシが濃い目。蕎麦の味は薄い目。
冷たい蕎麦を熱々の豚バラ入りとろみのついた出汁で食べさせる
「豚そば」が売りらしいが、ん、そうでもない。
高岡でおいしい蕎麦屋があれば、と思ったのだけれど、
また行きたいというほどでもないかな。残念。
でも、お昼時はいつもいっぱいみたいです。



さて、ついでといってはなんですが、いやまったくのついでで。
急激に"肉うどん"が食べたくなって作った一品。
小松菜とあっため卵(左側の白いうじゃうじゃ)が入っています。
肉うどん-自家製

やっぱ、奈良の「そうめん山本」で買ってきた柚子入り七味がおいしいなぁ。


やっぱり麺がスキ

新作?『オボロドーフ「マブ」』
『男前豆腐店』の新作?なのかな、、
私が行くスーパーでは最近、初お目見えでした。


オボロドーフ「マブ」-パッケージ

オボロドーフ「マブ」-中身



名前の通りおぼろ豆腐ですが、味はいつもの濃厚まったり。
薬味とお醤油でお酒のつまみにいいかも。
きっとスープとかにするとおいしくなると思う。


さーんらーたーん
一昨日、某「チューボーですよ」で「酸辣湯麺」をつくっていて、
それにとりつかれたダンナが、どうしても食べたいと言ったので、
食べに行きました、すっぱからい麺を。
ド田舎の富山では、一体どこに行けば酸辣湯麺をたべられるのか?
きっと、ホテルの中華屋さんなんかに行けば食べられるのでは!
とも思いましたが、
以前に酸辣湯を食べたと思われる、そしてダンナが行ったこと無いというので、
富山の人気中華料理店『高尾』へ行くことに。


麻婆豆腐
高尾-麻婆豆腐

蟹炒飯 卵スープもついてました。
高尾-蟹炒飯

酸辣湯麺
高尾-酸辣湯麺1

ラー油をたらして
高尾-酸辣湯麺2



いづれも家庭ではできる味ではないので、たいへんおいしかったです。
しかし、食べながら思い出したのですが、
『高尾』は辛い系よりもあっさり塩味系のほうがおいしかった気がする。
四川ではなくて上海系なのかなぁ?
イタリアンなら詳しく分析するんですけど、
いかんせん中華にはあまり詳しくないので、よくわかりません。

とにかく、
どうしても食べたい『酸辣湯麺』を食べたダンナは、非常に満足していました。

今度は8番ラーメンでも食べてみようかなぁ。。。

沖縄産完熟マンゴー
先日の、実家からのお中元のお返しに、
  ※もちろん実家からはビール券。これは決定事項である。
いまブームのマンゴーを買ってみた。
売っているSHOPはたくさんあるんだけど、
一体どれがいちばん完熟の状態で発送してくれるのかは賭けである。
悩んでも仕方がないので、
お値段との相談と、
素朴っぽいけれどもしっかりした食品会社、
っぽいところを勘で選んで注文しました。


とってつけた、お中元シール
マンゴー-お中元


1Kg(3個)で5500円(送料込)
マンゴー-1Kg3個入


金持ち切り?
初めてこの切り方してみた。食べにくい。
マンゴー-金持ち切り



ええ、おいしかったです。
この値段を自分で買っては食べないですからねぇ。
でもね、3年前に竹富島で食べた超完熟とろける真っ赤なマンゴーには
ぜんぜんかなわない。きっと品種が違う。もう一回食べたいなぁ・・・・
今回のは完熟度も、もうちょっとって感じだったし。
しかし、スーパーの298円よりはおいしかった。
けれども、コストパフォーマンスから言うと298円の方がだんぜんいい。

それでも、いただけるものならちょーオイシーけどね。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。